招待客にとっては結婚式の招待状はカップルの顔でもある重要な存在です。
そのためマナーがなっていないとちょっと大丈夫かな、と思われてしまう可能性があります。
それはできれば避けたいと思うのが心情ですよね。
ですが一生に一度のことですから、右も左もわからなくてどうしたら良いのかと思うのも当然です。
そこで今回は招待する相手に悪い印象を与えないように、どんな風にすれば良いのかについて紹介していきたいと思います。

結婚式の招待状を送る際のマナー

結婚式の招待状を送る際のマナー 結婚式の招待状の渡し方は手渡しと郵送のどちらかになります。
手渡しが推奨されるのは仲人や主賓、目上の人とされていますが、遠い場合には郵送でも問題ありません。
それ以外にも職場の人や良く会う人には手渡ししても良いでしょう。
職場で手渡しをするのであれば、目上の人から渡すのがマナーになります。
一部の人しか招待しないのであれば、人目のつかないところで渡すようにするとスムーズに渡すことができます。
他にも結婚式の招待状で注意したいのが招待状に封をしない、返信はがきに切手を貼るの2つです。
結婚式のような慶事のものに鋏を入れるのは忌避されているため、それを防ぐために封をしないか慶事用のシールを貼るのが一般的です。
返信用はがきの切手は忘れがちですが、忘れるとけち臭い印象に。
忘れないようにしましょう。

結婚式の定番で欠かせない招待状と連絡について

結婚式の定番で欠かせない招待状と連絡について 結婚式といえば参列者に送る招待状が基本で、招待者に連絡を求めるのが基本ではないでしょうか。
LINEで簡単に済ませるのは気が引けたり、電話やメールでも何処かよそよそしく、結局のところ結婚式参加の意向を伺うカードを郵送するのが一般的です。
となると、今度はカードのデザインやメッセージの内容に頭を抱え、なかなか招待状が遅れなかったりします。
大切なのは結婚することを伝え、結婚式に参加してもらえるように、参加したくなるメッセージを送ることです。
デザインは好みで問題ありませんし、奇抜な模様や色使いでなければ、カードを受け取った相手は特に気にしないものです。
凝り性の人は凝ったデザインで驚かせたいと考えますが、結婚式を挙げる事実を伝えるだけでも驚きます。
それよりも、むしろカードを受け取った人が確実に連絡できるように、住所や電話番号などを記載することが大切です。
式場の場所についても同様で、やはり住所も連絡先も間違えたり忘れずに、必ずカードに記載する必要があります。
結婚式を挙げるのであれば、このように注意点に気をつけつつ早めに招待状を作り、送って相手の気持ちや参加の意思を確認するのが良いのではないでしょうか。

結婚式に関する情報サイト

神戸 結婚式